神奈川でマンション改修をして新規の入居者を増やしました

新規の入居者が増えた

神奈川マンション改修工事を行っている企業は、外壁塗装を行う際の下準備をスムーズに行ってくれるところも魅力的で、足場の組み立てにかかる期間も予想よりも短くて済みました。
評判が悪い企業だと足場を組み立てているだけでも、かなり大きな音を慣らしてしまうと聞いていましたが、特に騒音に悩まされる事もなく足場の組み立て作業が終わっています。
足場の周辺をメッシュシートで覆ってもらえたおかげで、塗料などが外部に飛び散るようなトラブルも起きず、デザイン性を重視した外壁に仕上がりました。
外壁塗装が上手くいったおかげで、マンションの入居者を募集するためのチラシの出来も良くなって満足しています。
外壁塗装を行ってもらう際には点検作業もやってもらい、遠くから見ているだけでは分かりにくいタイルの浮きなども確認して、タイルが落下するような事故が起きる前に対処しておきました。
タイルが落ちて誰かにぶつかって怪我をすると、管理者が責任を問われる可能性もあると聞いたのが、タイルの修繕工事を行った理由です。
予想よりもタイルの状態は酷いものだったりく、大地震が発生していたら大量のタイルが落下して、歩行者が怪我をしていた可能性があったかもしれません。
タイルの接着作業にかかる費用は安いので、節約ばかり考えずに大規模な修繕工事を済ませておいて良かったと思えます。
防水加工やコーキング材の修復作業などを行ってもらった事で、マンションの機能性を宣伝できるようになったおかげか、新規の入居者が増えた事にも満足できました。
またマンションの一部で問題が発生した際には、同じ企業に助けを求めたいです。

[News] 神奈川新聞|マンション改修で背任、管理組合理事長が起訴内容認める/横浜地裁初公判 http://t.co/6QoZoelq

— 横浜のニュース (@yokohama_news) 2012年6月22日

所有しているマンション物件の劣化大雨の日でも心配する必要はなさそう新規の入居者が増えた